名称 別名 分類 生息域
イバラガニ アカガニ タラバガニ科 房総半島~土佐湾
脚数 甲幅 全長 特徴
8本 20cm 1m ルビー色の鮮やかな体色タラバガニに似た形状

日本特産の蟹

炭火の焼きガニが絶品

 

イバラガニはブルゴーニュワインのような綺麗なルビー色をしたカニです。

小名浜では12月~3月までが漁期となります。

上品なさっぱりとした甘みがあって美味しいです。

1月~2月が旬の時期となります。

 

イバラガニの解説

 

イバラガニはタラバガニ科に属しており水深400~600mの砂泥底に棲んでいます。

日本特産のカニです。

 

形状がそっくりなイバラガニモドキも市場では同じイバラガニの名で流通しています。

イバラガニモドキはベーリング海~オホーツク海、東北地方沖~相模湾まで広く分布しています。

水深は500~600mに生息しています。

どちらにしても流通量は少なく、あまり馴染の薄いカニです。

 

イバラガニの食べ方は特に焼きガニが美味しく、炭火で焼くと絶品と言われています。

火が通るとキレイな朱色に変わって美しい色合いになります。

甲羅にはたっぷりと味噌が入っておりグツグツ煮込んで身を付けて食べるのが最高です。

 

イバラガニは生でも甘みがさっぱりとしているのが特徴です。

刺身や、カニスキ、みそ焼きなども美味しいです。

 

イバラガニの特徴

 

 

名称: イバラガニ

分類: 甲殻網十脚目異尾亜目タラバガニ科

生息: 房総半島~土佐湾の水深400~600mの深海。

甲幅: 20cm

脚長: 1m

特徴: 体型はタラバガニによく似ている。甲羅やハサミ脚には多くの棘がある。

棘や歩脚が紅色でアカガニとも呼ばれている。

外見はイバラガニモドキとは、ほとんど差はない。